メリークリスマス

2020年12月24日、クリスマス・イヴ。
想像してみて・・あなたは買い物をしに、ちょっと外の空気を吸いに外へでて、今街の中にいる。

そしてしばらく経った頃、突然「何か」が変わった感覚に襲われる、まるで時が自分の周りだけゆっくりになったり、もしくは逆に速くなってまるで自分だけが他の次元の世界に生きているような感覚。

なんだか面白い感覚、ちゃんと周囲の音は聞こえているし、周囲の人も見えているし、自分はいつも通りの道をいつもどおりに歩いている。普段と全く変わらない風景と日常。

でもなんだか、自分がまるで劇場の舞台にいて、まるでその舞台で行われるお芝居を演じる役者の一人になったような、もしくは舞台の小道具の一つになったような・・・。

そしてあなたは、自分の存在を確かめるかのように自分自身の身体の感覚に意識を向ける。そして身体のさらに深い場所まで感覚を辿っていくと、ふと、ある場所にたどり着く、知っている場所なのに忘れている場所、なんだか少しくすぐったい場所へたどり着き、そこの感覚を確かめる。

すると突然、あなたは他の幻想的な場所へと移動し、ふと気づくと目の前に汽車が現れる。直感でわかる、ああこれは私を「どこかに」連れていってくれる汽車なのだと。そして、その汽車へ乗り込む。

どこかへ・・明確にどこへ向かう汽車なのかはわからない。でもそっと自分の内なる声に耳を傾けてみると、行先をアナウンスする声が聞こえる。そうただ耳を澄ませば聞こえてくる。

さあ、新しい冒険の始まり、沢山のサプライズがあなたを待っているよ。

不思議な世界への旅を楽しんでね。 良いクリスマスを。